「チューニング」 詞作曲:アケンコ

 

あの林の中で僕らが見てた星は
かわらない輝きなのかな
守られているから時折満たされる
愛は育ってゆくものかな
 
過去を切り離し考えること
まだできそうにないよね
起こる出来事その根っこは
どれも似たようにねじれてる
 
簡単に手にして簡単に失って
手をかけて生きてもいいのに
はじめから心はひずんだりブレてたり
緩めては整えるチューニング
 
過去を切り離し考えること
まだできそうにないよね
起こる出来事その根っこは
どれも似たようにねじれてる
 
住み慣れた家なら暗がりで過ごせる
気持ちを許してるからかな
簡単に手にして簡単に失って
手をかけて生きてもいいのに
はじめから心はひずんだりブレてたり
寄り添って整えるチューニング

 

 


LIVE SCHEDULE

2019/7/3
「Apia40 Li…」
アピア40
19:20start

CONTENTS


CONTENTS

Prev
Next

2019-6
S M T W T F S






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30






LINKS


「遠雷」
 
作詞作曲:アケンコ
 
遠雷 遠くの空に光るね
そしていつかの胸に刺さるね
遠雷 遠くの空に光るね
そして誰かの胸を焦がすね
 
はじめてなのに慣れた青空
手のひらを覗いたらいつもあの空
ひと回り強くなれてやいないか
思い違いでもいい嬉しくなるね
 
遠雷 遠くの空に光るね
そしていつかの胸に刺さるね
遠雷 遠くの空に光るね
そして誰かの胸を焦がすね
 
本来であればこうなるはずと
思い巡らせても同じ風が吹く
傷を負ったのはお互いの心
薄い青に染まった未熟なトマト
 
 地球がいつも震えてるのは
 心のプレートぶつかるせいね
 向こうの空とこちらの空と
 似てる景色を眺めるだけね
 
遠雷 遠くの空に光るね
そしていつかの胸に刺さるね
遠雷 遠くの空に光るね
そして誰かの胸を焦がすね
 
 
 
「いつか見た雲」 
 
作詞作曲:アケンコ
 

たしかこの辺りにコミックをいっぱい置いた

喫茶店がありませんでしたか

いつのまにかフィットネススタジオに

変わってしまったんですかね

 

※東の空から元気にのぼった太陽も

夕方にはこっそりと消えてゆく

でも移動してるのは太陽ではなくて

本当は君の方なんだよね

 

 いつか見た雲 どこかで見た空

 見ようによってはヨガのポーズに見える

 

テレビではスクランブル交差点の人だかり

そんなにも珍しいものかな

殺人者にはならずに暮らしているよ

得意げに話していたね

 

とっておきの韓国映画の続き

監禁された血みどろの女

ナタをふりまわす黒ずくめの私

スマホが鳴ってまた一時停止

 

いつか見た雲 どこかで見た空

 見ようによってはブルーシートに見える

 

たしかこの辺りに真っ暗闇の井戸が

そのあたりにありませんでしたか

ペンライト口にくわえ這い上がってきた

やっと生まれてきたんだからね

 

 ※

 

いつか見た雲 どこかで見た空

 見ようによっては広い海にも見える

 

駅の改札を出るカフェはどこもいっぱい

広場ではクリスマスの演奏

地下道を抜けて大通りを歩く

イルミネーションは去年よりもまぶしい